それ、マジ話?闇スロ 客 逮捕されるってさ。本当らしいよ、ちょっと前ニュースで見た。怖いからもう行けねぇー。

摘発される覚悟で打つより、普通にパチンコ屋で遊戯する方が、全然良い。凄ぇハイリスクだから。

リターンも大きいけど。闇スロ 客 逮捕はきっとごく一部で、大部分は何も無いはず。だから俺は金儲ける為、今後も通い続けるぜ。

昨今、あまり射幸心煽らぬよう、昔よりメダル数獲得出来ん。長時間遊べるが、快感も薄い。見た目派手になろうと、財布膨らまぬ限り、パチンコへ通う意味ありません。

過去の回銅遊技機は、俄然パラダイス。GODとかメチャクチャ凄い!近頃、あんな新台見れぬ。

過去の栄光再び味わう、コイン・アドレナリン出まくり、快感欲しさに行くんだから。闇スロ 客 逮捕される、恐怖感は薄い。

完全に病み付きっつーヤツだ。あまり嵌まるって感心出来んよ。お前が闇スロ 客 逮捕されたら、すっごく涙出る。

同じ穴ムジナとして、放っちゃ置けません。嫌な意味でテレビへ出ると有名人。暫く表歩けんぞ。

作中で吐いたセリフ

最近、不倫モノ作品を観る事に、ハマッてる。原作も読み、以前一度、映画版も観た事がある、東野圭吾の「夜明けの街で」。

東野圭吾作品だけあり、もちろん不倫だけの作品じゃない。ミステリーも一枚、噛ませてある。主役の既婚者には岸谷五郎、不倫相手は深田恭子というキャスト。

ベッドシーンは、やや期待外れ感があったし、相変わらずシリアスな役どころには、微妙な演技力ではあったが、雄としての本能を一度忘れた男が、こうやって堕ちるという描写が上手く描かれ、お見事。

作中で深田恭子が吐いた「不自由恋愛」という言葉。普段の生活の中では聞きなれない言葉だが、心からごもっともと思えちゃう。

逢いたい時に逢えないからこそ、人は熱く嵌まってくのかもしれない。

「夫 怪しい 浮気メール到着!」マジで?「まーに見せてー!」「ずるー、私も」「俺も―」「僕が分析しましょう!」ちょ、此奴等うるせぇ...とりあえず、学校はダメ。

帰り道で話す。「で、何その夫 怪しい 浮気メール。爆弾?」「いや手紙でそれはねーけど、何か...見た瞬間、ママの顔が青ざめ、次の瞬間、泡吹き倒れたレベル」

「やべ...つまり、母ちゃん、ど肝ぬかれた...」「まさしく悪魔なレター。ホラー映画でありそう!めっちゃB級映画。

ある日、ポスト開けたら手紙が着いてる。取れば...がぶり!何と生き物!人を食べ尽くす化け物。擬態化...」「つまんなさすぎ」

「大体B級はこんな感じ。夫 怪しい 浮気も近ければ、嬉しいが」「嫌だわ、お前変な期待を...」

「とにかく夫 怪しい 浮気メール拝見したい...」「そう易々と、拝めんだろうから。「大丈夫。こうゆう事もあろうかと、ほら、写メ取ってきた」

「先見せろ!何々、大好きだけの記載じゃん...」「だからやべぇ。ストーカーか熱愛やん...」